設計の科学 創造設計思考法 ―失敗知識のウェブ脳モデル―
 
 
 
飯野 謙次 著
 
 

■定価(本体1,800円+税)
■A5判 120頁
■発行年月  2016.06
■ISBN 978-4-8425-0547-3

 
 
■概略

  創造設計に挑戦する者が,他所で得られた失敗知識を活用し,有効な設計解を見つけるための手法を解説。

 
 
■解説

 本書では,また新しい試みとして,これまで書き込まれることがほとんどなかった 「人による操作や判断」 を思考展開図に積極的に書き込んだ.これは,本書が失敗学を創造設計に積極的に組み込み,創造設計をより効果的に進める,すなわちすばやく有効解にたどり着くことを目指すためである.失敗事例を考えるときに,ヒューマンファクターを除外することはできない.また,創造設計で設計者が採用したすべての設計要素と,事故事例を集積した知識ベースに記録されている失敗要素 (失敗の軌跡) を自動的に比較するには,ヒューマンファクターは教訓として扱うだけではなく,解析のメカニズムに取り入れなければならない.
 創造と失敗は表裏一体である.失敗なくして創造はないし,創造活動をすれば,失敗は付き物である.本書は,創造設計に挑戦する者が,ウェブ技術を利用して他所で得られた失敗知識を活用し,有効な設計解を見つけるための手法を解説するものである.
 日本は,世界に誇れる歴史と文化を所有する国である.それを継承する活動に従事する人は,世に対する貢献は大きいし,私たちに感動を与えてくれる.しかし,高等教育において工学を志す進路を選んだ者は,製品,サービス開発という厳しい世界との競争に,否応なく参加しなければならない. そこでは,過去の やり方を踏襲していては競争に負ける.受験勉強と硬直した社会システムに蝕まれた創造性を,一人でも多くの人が取り戻し,効率よく発揮して世界の工業界リーダーの一人として,将来も存在し続けることを願う.

 
 
■要目
[目 次]

 第1章 失敗学要説

 第2章 失敗知識データベース

 第3章 失敗を克服する

 第4章 創造性をはぐくむ

 第5章 設計課題を見つける

 第6章 創造的解を生み出す

 第7章 失敗知識活用設計法

 参考文献・索  引・あとがき