ジャトロファ研究とその利用に関する国際動向
 
 
 

林 慶一 著

 
 

■定価 (2,000円+税)
■A5判 132頁
■別途送料がかかります。送料はお問い合わせ下さい
■発行年月  2009.11
■ISBN 978-4-8425-0476-6

 
 
■概略

本書は,『ジャトロファ』への期待と開発途上地域での可能性を検証する目的で企画された調査の結果などを取りまとめたものです。

 
 
■解説

現在,「ジャトロファ」は,バイオディーゼル資源として注目されています. その背景には,石油資源の枯渇への危機感と地球温暖化の緩和策としてのバイオ燃料への期待があり,さらに,ジャトロファからのディーゼル燃料の製造は,バイオエタノール製造に比べれば,大規模な設備投資などを要しないことから,開発途上地域での自給エネルギー生産やそれを活かした農業・農村開発への期待が持たれている.

 
 
■要目

[主要目次]

 序 論 バイオ燃料とジャトロファとアフリカの関係
  1.バイオ燃料を取り巻く情勢
  2.SSA諸国におけるジャトロファへの期待
  3.本叢書の目的
  4.サブサハラ・アフリカ(SSA)とは
  5.調査課題の設定
  6.上記調査を行っていくための手法

 第1章 ジャトロファの生産ポテンシャル評価
  1.ジャトロファの育種の現状および品種と近縁野生種に関する研究情報
  2.ジャトロファの栽培環境への適応性に関する研究情報
  3.物質生産能に係わる生理生態学的な特性研究情報
  4.ジャトロファの毒性に関する研究の進捗

 第2章 持続的生産のための肥培管理技術
  1.荒廃地における土壌物理化学特性とジャトロファの生産性に関する評価
  2.養分収支,施肥レスポンス,水管理に基づいた栽培技術
  3.化学肥料,有機物およびジャトロファ残渣による肥培管理技術
  4.水資源,炭素隔離等,ジャトロファ生産が生態環境に及ぼす影響評価
  5.ジャトロファ生産における適切な水管理技術に関する調査

 第3章 荒廃地におけるジャトロファ生産の経済効果
  1.荒廃地の特定,その範囲,利用可能性,並びに費用便益
  2.ジャトロファの栽培に係わる費用便益
  3.収穫後のポストハーベストに関する費用便益
  4.ジャトロファの流通販売に係わる費用便益
  5.ジャトロファの栽培に関する環境影響評価
  6.まとめ

 第4章 アジアにおけるジャトロファ生産事例
  1.インドネシア
  2.タイ
  3.フィリピン
  4.インド

 第5章 西アフリカにおけるジャトロファ生産事例
  1.マリ
  2.ガーナ
  3.所感その他
  4.調査結果の概要

 第6章 東,南アフリカにおけるジャトロファ生産事例
  1.ザンビア
  2.ケニア
  3.タンザニア

 第7章 サブサハラ・アフリカでのジャトロファの利用可能性

 最終章 要約と結論

 謝  辞・【参考文献】